Javaを使う上で知っておくべきツール

この記事を書いた人
鈴木朝
システムエンジニア

■ 得意なプログラミング言語
・フロントエンド(HTML/CSS/Javascript)
・バックエンド(C/C++/Java/PHP/Python)
・その他(アセンブラとか・・・?)

プロダクトエンジニアとテクニカルサポートエンジニアのキャリアは合計4年です。
インフラ周りもそこそこ触っていました。

システムエンジニアとしてのキャリアは15年以上です。

Javaプログラミング用のツールって難しい。

そう、Javaというやつは難しいのです。

何が難しいかっていうと、開発ツールや実行環境がいっぱいある点です。

いっぱいあるってことは、どれを選べば良いかの基準がわかりにくいということなのです。

な・の・で・・・

主要どころをリストアップしてみました。

僕が使ったことのないものもありますし、これで全部でもないです。

興味わいたものから使ってみると良いでしょう。

#ツール名基礎学習JSP開発スマホアプリ開発
1ツール無し
2Eclipse
3Android Studio
4WebLogic
5X-WebForm
6AIDE

上表の凡例(読み:はんれい)は下記のとおりです。

  • 易:簡単
  • 中:慣れれば簡単
  • 難:けっこう難しい
  • 無:そんな機能無い

オススメはどれ?

僕のオススメは Android Studio(読み:アンドロイド スタジオ) ですね。

やれることはスマホアプリ開発(Androidスマホのみ)に限られますけど、使ってて楽しいです。

一般的には、汎用性の高い Eclipse(読み:エクリプス) がオススメされるのでしょうけどね。

でも、Eclipseはやれることが多すぎて、最初に触れるにはちょっととっつきにくい印象です。

だって・・・オールインワンパッケージの選択をミスったら、やれること変わっちゃうんだもん!

書籍に載ってるコンソールアプリの基礎学習(printlnでのhello worldとか)やりたいだけなのに、JSP開発用のパッケージを選んでしまってprintlnできないということがあったりするのです。

しかも、JSP開発用パッケージからコンソールアプリ用パッケージに切り替えるのがまたメンドイ!

ということで、みなさん、Android Studioでアプリ開発から始めましょ。

Java自体の基礎学習にはどれがオススメ?

基礎学習ってのは主に文法学習を指します。

要するに、書き方に慣れるまでのお勉強ですね。

参考書などの書籍によく記載されている hello world とかあの辺です。

設定とかあまり気にせずソースコードコピペして動かすタイプのヤツです。

必要なツールは、JDK(Javaコンパイラのソフト)とテキストエディタと端末エミュレータ(Windowsでいうところのコマンドプロンプト)、そしてJavaの入門書です。

たったこれだけでやれちゃうのです。

前述の表の中で「ツール無し」と記載しているヤツです。

簡単にやれることは少ないのですが、それ故に基礎学習に特化しています。

安定した職に就くにはどれがオススメ?

ズバリ、Eclipseです。

高給取りにはなりにくいですが、食いっぱぐれることが少ないのがJSP開発というヤツです。

主要なWebアプリケーションの開発はほとんどこれでやってます。

それはつまり、働き口がたくさんあるということです。

そして、現場のJSP開発自体は主に有料ソフトを使って実施するのですが、配属されるまでに個人で無料でやれるのが Eclipse を使った学習です。

オールインワンパッケージをインストールすれば、その日のうちに JSP開発 を開始できます。

必要なものは、EclipseオールインワンパッケージとJSP入門書です。

スマホだけ勢はJavaできないよね?

ナメてくれるなよ若僧(読み:わかぞう)。

スマホしかないからJavaできないとか甘ったれた考えは捨てることだな。

前述の表の中で一番下にあったヤツを憶えているか?

憶えていないなら、脳に刻み込んでおくことだな。

AIDE(読み:エーアイディーイー もしくは エイド)ってのは、スマホだけ勢のために開発されたスマホアプリ開発ソフトだ。

自分のスマホをプログラミング装置にトランスフォームできる代物だ。

最近では画面デザイン機能も搭載されていて、使い勝手が向上している。

開発元がドイツのチームってのも、なんかちょっとカッコイイだろ?

このAIDEでスマホアプリ開発を学習して、実際の仕事にありつくことだって可能だ。

スマホを遊びやSNSのためのツールだと思っている甘ちゃんどもが多いが、自分のQoLを飛躍的に向上させるためのツールに化けさせることができることをよく理解しておくことだ。

ちなみに、AIDEで作ったものはサンプル止まり(つまりオモチャ止まり)だと勘違いしている輩もいるだろう。

否(読み:いな)!

ちゃんとGoogleのストアにリリースすることができるのさ。

あわよくば、そのまま金稼ぎに使えるわけだ。

与えられるだけのボヤボヤした生活を送っていたら、いつの間にか格差が開いていて大変なことになってしまうかもしれんぞ。

スマホでの金稼ぎはいくつかやり方があるが、プログラミングで生計を立てるならAIDEを練習台にするのも有力な手の一つだと思わんかね?

さて、この方法における必要なものだが、AndroidスマホとAIDEとAndroidアプリ開発入門書だ。

本を買う金すら無いヤツはインターネットから「Andoroidアプリ 開発 サンプル」というキーワードで検索して拾ってこい!

そうして慣れていったその先に、金が転がっている。

その金をかき集めてパソコンを買え!

買ったパソコンでもっと短い期間で次のアプリを作れ!

そしてどんどんストアに並べろ!

それが勝ち筋だ。

まとめ

最初は一般的な記事と同じようにツール紹介から始めて、最後は稼ぐ方法の提案という形で〆てみました。

僕は「楽に稼げる方法」「初期投資ゼロで稼げる方法」「好きな時に稼ぎに繋がることをする方法」を探すのが大好きです。

もちろん、ガチでガッツリ稼ぐならスクールとかに通ってある程度の投資をしてやるのが良いのでしょうけど、自分に合うか合わないかわからないので、ある意味博打になっちゃいますよね。

でも、楽で初期投資ゼロで好きな時間にできるものなら、合わなかったらやめちゃえば良い。

特に、独学っていうものは簡単かつキャリアプランの見通しがないと始めにくいものです。

僕の記事を読んで独学に興味を持っていただけると嬉しいです。

今後もこういった形でユルいけど独学ガチな記事を投稿していきます。

応援、ヨロシクぅ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です